2018年9月 ブロック塀の危険個所点検について

本年6月18日に発生した大阪北部地震では、小学校のプールのブロック塀が倒壊し、児童が亡くなるという事故が発生しました。亡くなられた児童・ご遺族の方に対しまして改めてお悔み申し上げます。

西垣
西垣

この事故を受けて本市では教育委員会から各学校に対して危険なブロック塀がないかどうか通学路の点検を指示されました。私の地元鏡島小学校区では小中学校の先生と一緒に、PTA、子ども会も協力し、私も一緒に点検をさせていただきましたが、この点検を受けてその後の対応はどうなるのか、指示した教育委員会におたずねします。

調査データにつきましては個人情報が含まれていることから、その内容を精査するとともに、児童生徒の登下校の安全確保のため、その活用について、今後検討してまいりたいと考えております。(教育委員会)

部長
部長

建築指導課でも調査を実施した結果、不適合がある塀の数は2,836件でした。再度現地調査を行うと共に、ブロック塀撤去の補助事業の案内を記載した啓発文書をポスティングするなど、丁寧に取り組んでまいります。また、点検結果については、教育委員会と情報共有して、児童生徒の安全につなげてまいります。

コメント